夏の肌ダメージを修復して秋からの肌を美しく保つ情報

>

夏疲労の肌を早めにケア!枯れはてた秋肌にならない方法

疲れた肌をチェックして状態を知る

夏疲れの肌の状態を確認してみてください。

まず、日焼けやエアコンによる乾燥を感じている方の肌は、水分不足です。
なんとなく肌がくすんでいるように感じる場合も水分不足によって、透明感が損なわれている可能性があります。
もし、「洗顔後に肌にかゆみを感じる」場合は特に要注意。
そして、以前より肌が「硬くなった」と感じたら、油分も足りていません。

また、化粧水の吸収が極端に悪いと感じたら、角質が厚くなっているのかもしれませんし、以前よりも毛穴の開きが気になる方は、汗や皮脂の詰まりが影響している可能性があります。

もし、上記のような肌のダメージを感じたら、そのままにするのは危険です。
そのままにしてしまうと、秋を感じるころには「枯れた肌」となって、「老け顔」を招いてしまうため、早めにケアすることをおススメします。

枯れた肌にならないための方法

夏の紫外線A波は肌の表面だけでなく、真皮層にまでダメージを与える可能性があります。
そのため、肌は自覚している以上に疲れが蓄積され、バリア機能も働いていない場合もあり、刺激の強いピーリングなどはあまりおススメできません。

そんな状態のメイク落としや洗顔では、洗浄力より、刺激の少ない肌に優しいものを選択し、強くこすることなく洗ってください。
その後は、化粧水成分が多いフェイスマスクをおススメします。
そして、しっかり肌が水分を吸収したら、油分で水分を閉じ込めるため、必ずクリームや乳液を使用してください。
保湿成分に優れたセラミド系のものがおススメです。
この時、「美容液成分」や「美白」など、特定の美容成分が強いものはあまり使用せず、刺激を避け、保湿を重点に行うことがポイントです。

夏のダメージを受けた肌には強い刺激のケアは避けて、シンプルに保湿を意識して、お肌の回復を待ちましょう。